電話業務を90%削減!AIテレフォニスタで電話応対を自動化しよう

AI電話自動応答サービス『AItelefonista』
・価格
・機能
・導入例

の3点を中心に解説します。AIテレフォニスタを導入して担当者の負担軽減、業務効率化を
図りましょう!

・AIテレフォニスタとは??

電話応対を自動的に行ってくれるシステムです。人手を必要とせず、プッシュ選択や会話シナリオで対話を自動的に進めます。
また、AI(音声認識)で受電内容をテキスト化しユーザーに通知。電話に出ることなく、どのような内容の電話がかかってきたのか一目で確認できるようになります。

イメージ図

・価格

電話代行サービスは、ひと月100件の着信までで1万円、というのが一般的な相場とされています。そこにオプション利用や、月に決められた着信回数を超えると別途料金が発生する、という料金システムが多いです。
AIテレフォニスタには、ひと月2,178円(税込)から3つの料金プランがあります。


他サービスではプランの違いで利用できる機能が制限されることがある一方で、AIテレフォニスタでは料金による機能の違いはありません。
違いは以下の二点のみです。
1,無料着信回数
2,ひと月の着信回数をオーバーした際の超過料金

自社にひと月何件着信があるのかでプランを決めることができます。
初期費用0、契約期間がないのもメリットです。

そして、他サービスで無料トライアルの多くは14日間、1か月間ですが、AIテレフォニスタではなんと
最大2か月無料トライアル(※300着信まで)でご利用いただけます!
いざ導入しようかなと思った時、「うちの会社はひと月にどれくらい電話がかかってくるんだろう…。」そう迷う担当者の皆様。
トライアルの間に設定やどれくらい着信があるかを確認していただき、自社にあったプランを選んでいただきたいので最大2か月のトライアル期間を設けています!ぜひお試しください。
>無料トライアル登録はこちらから

・機能、特徴

・AIテレフォニスタの特徴

24時間365日対応・・・営業時間外やお昼休憩、会議の時間の間などスポット利用にも適しています。
着信ブロック・・・何度もかかってくる営業電話など登録した番号からの着信は自動的に切断されます。(※ブロックした番号は着信回数には含まれません)
受電内容通知・・・受電内容通知先をSlack、Chatwork、Email、Microsoft Teams、GoogleChat、Discordから選択できます。
応答文・プッシュ選択編集・・・応答時の文章、プッシュ選択の編集が行えます。

あくまで、一次電話窓口として電話受けるのみ、という仕様になるのでその後の対応は必要になります。一方で、どのような用件であったのかテキストで確認できるので、対応の必要・不必要が一目で判断できるだけでも、大幅な効率化を図ることができます。

例:
・営業電話・・・必要であれば、折り返し話を聞く。不必要であればスルー。着信ブロックも可能。
・クレーム電話・・・どのような内容なのか事前に把握でき、落ち着いてその後の対応を行うことができる。
・銀行、役所関係の電話・・・対応必須の電話取りこぼし、対応忘れを予防。

電話応対を自動化すると業務の中断なく、仕事に集中できる環境を作ることができます。
また、テキスト化通知・録音機能で重要な用件やビジネスチャンスとり逃しを防止します。

・AIテレフォニスタ導入イメージ

※AIテレフォニスタ導入イメージ

AIテレフォニスタを利用するにあたり、「電話転送」が必要になります。
弊社が契約時に050番号を割り当てます。転送サービスを利用する事でお客様が今まで使用していた電話番号を変更することなく導入が可能です。

※電話転送…代表電話やスマートフォンにかかってきた電話を、指定した違う電話に転送する事。弊社では、NTTのサービス『ボイスワープ』のご利用をおすすめしています。ご利用方法、料金など詳しくは、NTT『ボイスワープ』サービスサイトをご覧ください。
転送サービスによっては、すべての着信を転送する利用法のほか、出られなかった着信のみの転送なども可能です。
(※発信者番号として、実際の発信者番号ではなく転送元番号を表示する転送サービスもございます。利用する転送サービスをご確認ください。)

・会話シナリオ利用時のイメージ

音声ガイダンスに対するご回答を音声で入力していただけます

プッシュ選択を使わなくても良い、という方には会話シナリオの利用をおススメします。
画像のように電話操作をすることなく、より自然な形で電話応対することができます。

※受電内容通知例


受電内容通知とともに、録音された音声もダウンロードが可能です。テキスト化の精度が低い場合は聞き取りづらい単語・固有名詞を辞書登録できます。登録以降はテキスト化の精度が向上します。

・こんな方におすすめ


・最後に

電話一次窓口としてAIテレフォニスタを導入していただくと、業務効率化が図れるとともに、顧客への対応も落ち着いてスムーズに行うことができます。
電話業務にお困りの担当者、経営者の方、AIテレフォニスタ導入を検討してみましょう。

・デモ用電話番号(無料※1)
TEL:05035035029
電話をかけるとAIが3つの質問を行います。
 1.会社名を教えてください。
 2.名前を教えてください。
 3.サービス内容についてご意見・ご要望があれば教えてください。
3つ目の質問に回答した後、通話を終了してください。

(※1)通話料がかかります。
(※)文字起こし、着信通知等の確認をしたい場合は無料トライアルにお申し込みください。(トライアル利用についてはこちら
(※)利用規約に同意の上、ご利用ください。

TOP
TOP